読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まあ、そもそも「結婚はコスパいい」んですが。

俯瞰

当方新婚一年目ですが。

家賃とか

一人暮らし47000から80000にランクアップ。コスト増えてますが、風呂がユニットバスではない、洗面台ある、部屋広くなった、ってのはあります。
食費雑費は嫁が出しているので、そこらへん分は減ってます。

家事

嫁がやってくれているというか、家事をあんまりさせたくないようで。でも大変助かってます。洗濯物とか億劫だったんで。飯もたまに作ってくれます。大変助かってます。

時間

あんまり変わらぬ。というかもう少し嫁いじりしたい。

嫁がいるだけで、何かをお願い出来る人が一人いる。

別に牛乳買ってくるとかトイレットペーパー買ってくるとか全然やりますけど。ただ、独りだと、やる気ない時にでもしなければいけないこと、みたいなのが、お願い出来る相手が出来ると大変ありがたいです。家の中にエアプランツ置くとか考えないし、食器だなも昔は単なるステンレスの棚だったけど、なんかそれっぽいの見つけて買ってくれたし。

寝て起きる所、ではなく家になってく感じがよい。

IKEAで照明買って、嫁が車返しに行っている間につけて、待ち構えるとか、本当にそういう事がちゃんと出来事化していくのは大変良いです。
髪切ったのに気付かないと怒られますが。

種明かし的な話。

独身で、ある金と時間をひたすら自分の今の為に使っているような人には、コストパフォーマンスが出ないんです。家庭は、のちの十年とか二十年とか三十年の為にあるもので、その日暮らしの延長線上の人には、価値は薄くなります。
元々、日常にコストかけてない人には価値がないかもしれません。


そのような事です。