読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名私立一貫校の子が、偏差値が低い→偏差値が伸びる、みたいなパターンはありがちっちゃありがち。

www.j-cast.com
b.hatena.ne.jp
卒業年度忘れたけど、ナナロク世代です。普通の会社員やってます。
卒業生は通常出身母校を隠すような、そんな学校です。
富良野の宿泊で、よりにもよって黒い何かと相部屋にさせられたのは私です。別に何もないのですが。大仏の無用な配慮によって、「飛行機傾くので降りて下さい」のアナウンスを受けた年です。農学部の癖に化学教師やってたそのオッサンと何の因果か四年間HRで顔を突き合わせ(当時セーラームーンやってた)、また何か適当に選んだのが工業化学科で、そこで「高3F組でやってた先輩のオジサン」に出会い、なんとかそのオジサンというか教授の世話になって卒業したんですが。そこら辺で、「イノベーションのジレンマ」とかの話を無理矢理読んだ記憶があります。
で、SEになったはずなのに、何でまた製薬絡みなんでしょうね。インフラ希望とか言ってたのに。

中高一貫型の進学校では、外部偏差値気にせず独自の進み方で授業やってます。

故に、高校時入学の時に一応入試の問題でテスト受けるが、毎年ほとんどが不合格。
なるんだが、結局の所、高校時編入者は一年ぐらい「補習を受ける」羽目になるんですが。

外部の模試は「学習要項」だったかに合わせた進み具合での模試になる。

故に、高3の最初の方の模試までは、全然点数が取れないとかザラなんですよね。しかも誰も気にしてないし。Z会の通信教育だったか進学校向けのを受けて、適当にやったら上位になれたので、何かやる気自分はなかったです。確か当時の駒場寮のレポートみたいなのがオケアノスだったかに載ってた記憶があります。当時、TTRPG中心に人生送ってたので、HNは灰色の放浪者とかにしてた。

一見「低偏差値→偏差値が伸びる」という現象は、ごく普通の高校生活を送っていてもそうなります。

その理由は先ほど書いた通りです。
一応ですが、当時より進学の色が濃くなっている母校ですが、多分教師があまり様変わりしないので多分そのまんまです。
生徒にハイキックかます体育教師とか(無論事務員に手を出し家庭科の調理ビデオで「これがあの奥様ですか」と言われた体の固い教師の事ではありません)、怪鳥音で授業する黒い何かとか、多分あのまんまでしょう。
ヌンチャク使いも変わらないっぽいです(甥っ子がそろそろ六年生になるので姉が授業見学に行ったら、何故か書道の授業を見せられたそうですが何を考えてあのオッサンを見せてるのか皆目理解出来ませんが)。

で。

ほとんどの人は京大とか東大とか、文系なら東京周辺、理系なら地方医学部、辺りだとは思います。北大まで行くのは珍しく、獣医になりたい人が行くと思ってたけど、そこら辺のノリは変わるもんですねえ。でも、「そこまでして医者になりたいの?」という所で、多分医者の家系なんじゃないかなと思うんですよね。同級生に、大阪外語大にロシア語受験して合格したのがいたんですが、確か医者家系だったので、親に進学を止められ、結局翌年医学部に行ったりとかありましたし。家庭環境が複雑怪奇というのありがちです。前に事件もありましたが、あんな家庭がザラなんで、逆に言うと、中高一貫校は、そういう親からの逃げ場だったりしますね。
高校生クイズで優勝した子の一人が、連絡先某宗教団体の本部とかってなってて、「ああ絡め取られたのねー」とか思ったりもしました。全然学内ではそんな雰囲気なかったですけどね。何でしょうねえ。卒業した当時は、確かにオウムとか問題になってた時代ではあるんですが。学校近くの電信柱に「富士王朝」とかあったような時代です。そういや、シリウスも破産手続きとかで、あの頃の勢いってホントなんだったんでしょうね。ちなみに、高校の頃から四コマ読み始めたのですが、きっかけは石の広告が面白かったから、です。インドのダラウキリ山脈だとかまでの設定はいいんですが、採掘現場とか博士とか出てくるともう笑うしかないよねえみたいな。ほのぼの四コマの雑誌にそんなのがつくというのがもうなんていうか出版の末期という気がしました。それから二十年ぐらい経ちましたが、末期は続きますねえ。
ちなみに、うちのガッコ、テストの点(正しくは中間と期末の平均点)が通知簿につきますが、赤点が30点で、一応外部報告用には、その点数取れば5段階評価の3はついているはずです。無論、再テストなんかもあるので、どんな馬鹿でも普通30点取れる仕掛けです。一人、同級生に、宮崎大学の水産に行ったのがいますが、大学院で学歴ロンダっぽいのした後に九州の方にいって教員やってるんですが、赤点の常連というかなんというか、まあ、その、「よく卒業できたな」な人がいますが、それから教員になったりするので、あんまり偏差値気にしても仕方ねっすなあという気がします。
いや、まあ、正直予備校ってどうでもいいんですよね・・・・・・進学実績とか言われてますけど、そもそも初期条件が違いすぎるんで、有名進学校出身者の例は、普通の人に対しての広告にはならんと思うんですよ。でも、ま、こういう事で小銭稼ぎみたいな事やるのは分かりますよ。模試も学校でタダで受けてますし、予備校も出身校で費用が半額になったりしますし、昔から予備校が有名進学校出身を優遇するのはありますし。大学だって、早○田の無試験推薦入学枠とかなんでか一つウチにありましたしね(ジャンケンで争ってたらしい)。


まあ、そうは言っても、自分の友人とかはマトモに大学卒業してねえ大学行ってねえ大学卒業したはいいがマトモな就職できねえ任期あり教員枠で地方を彷徨ってるとか結婚出来ねえとか、そう恵まれた人生でもありませんが。まあそりゃ中央アジアを彷徨ってたら結婚は難しいだろうと思うんですが。結婚出来ているんは、大学時代の付き合いとか、天から降ってきてるとか多分そんな感じだし。Ruby勉強会で知り合った人に婚活パーティに誘われ出会った歯科医と結婚したとかそんなんもあったが。小学校の幼なじみと結婚とかそんなのエロゲしか有り得んと言いたいが(中高一貫の男子校ですが)、何故か存在するみたいですが。社会人の合唱とかで出会ったとかそういうのもありましたなあ。友人に「一人年上の、爬虫類好きの人がいて」とかって話ばっかだったので、私は普通に婚活しました。婚活、普通の人と結婚するのにはオススメです。