読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルイズベスト。

私はネット炎上というのは、ネットという有象無象の大きなものが蠢いているというより、ある種の層に分かれて、それぞれの層が異なる動機で炎上に参加していると考えています。

誰でも見ることができちゃうから、受け手の年齢も、価値観も様々。保守的な人も革新的な人もいる。だから、炎上した後にベストの鎮火を目指すなら、それぞれの層に違ったアプローチ方法で異なる鎮火剤を投下したほうがよく、リソースの問題でそこまでできないなら、最大公約数的なアプローチをした方が鎮火は早い、という感じでしょうか。

そうか!「妻にも不倫の責任がある」とすれば鎮火すると考えている人が炎上対策してるんだ - 斗比主閲子の姑日記

それぞれの層に対する異なったアプローチ、というのは、現実的にWebの場合有り得ないので(「あるメディアを使って見る人」というのは限定出来ますが、それの中に必ず違う見方する人が出ます)(炎上ネタに関して様々な文脈を発生させるのは容易いです)、最小公約数的なアプローチをした方がよいでしょう。ただ、最小公約数(みんなが納得する謝罪文)というのはちと感覚としては違っていて。
火事対策の基本は、「燃えるものを出来るだけ少なくする」所だと思います。「奥さんや子どもはどう考えると思うんだ!」とかって言われても、本当に奥さん出したらダメ、というだけの話です。謝罪は撤退戦であり、燃えそうなものを丁寧に取り除いた後に、生け贄を差し出すぐらいな感じにしないと。あと、擁護側の第三者がやれる事はひたすら消火活動ではなく燃料投下にしかならないので、擁護を本当にしたいなら放置する以外手はないです。


ふとこの前どこだったかで見た峰竜太の浮気の話が良かったですけども、「乙武の男側が単に詫びるではなく、妻が言い聞かせました」とかそんな構図の方が収まったかと思うんですがね。
一緒に詫びるにしても、どちらが主導権を握るのかが肝で。どうも謝罪文では逆でねえ。あれだと、乙武夫が吊るされてる写真でもないと、そう収まらないと思うんですよ。


本当に選挙に対しては致命傷になってきますね。
選挙は男性陣はともかくとして女性陣がボランティアで応援して頂く事が大きいんですが、それに関しては既婚女性なスタッフの支援が十二分に必要です。そこら辺の層が厳しい事になってしまってると思います。特に、近所や縁のある所の主婦が、これで納得するとは思えず。


政治家の性的なスキャンダルという事に関して、世界的にも厳しくなってきています。
セックススタッフとか公認であったならそれはそれでどうかと思うし、非公認であるがスタッフに入れられてたらそれはそれでどうかと思うし、テロ現場視察という名目で不倫旅行ってそれはもうアウトですよね。せめてちゃんとしたオフでやってくれと思うんだけど。