読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統計の道具として、何を使うべきか、という話。

俯瞰

正直、いいツールはなく、ある種の趣味嗜好があるが、
金払えばJMPやSASがよく、金がないならRがよい。


Rは関数指向であるが、SASが出しているものよりも周辺のツールが不足しがちである。
で、根本的にはプログラム言語であるので、そういうのが好きな人でもないとついてこれない。
プログラム言語は半端に齧れる言語ではちょっとない。EXCELのワークシートでやるのと、EXCELVBAで組む事は違うし、プログラム言語であるが故に誤り易い所もある。
いやまあ他人のライブラリを利用するのが悪いとは言わないが、結局の所、教科書通りの式を演繹している訳ではないので、ブラックボックスの上に厳密には異なる式をラベルとして貼り付けている所がある。


Mathmaticaは最近話を聞かなくなった。


統計の理解に必要な項目、というのは、本来数学の基礎知識があればそこから積み上げていけるはずなのだが。
まあ、解析学を先に履修している事が望ましいとは思われる。自力で仕事からやっていると、どうも頭の中で体系立てる事が難しくなる。