読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここら辺の話、「微妙」に思うの。

ta-nishi.hatenablog.com
実は、ここらへん肌感覚としてはちょっと違う。

確かにこの時代、オタクとサブカルはまだ未分化でしたから、「対立はなかった」となるのは当たり前です。だから、両氏が言っていることもまた、正しいのです。ただしそれは、90年代オタク差別時代以前の「事実」であり、それ以降の世代にとっての「事実」ではない。このことは、強く指摘しておきたいところです。

『オタクvsサブカルは、ありまぁす!』と、オタクサブカル老害エリート文化人のみなさまに言ってやりたい - 自意識高い系男子

ナナロク世代なので、ここらへん中学高校生あたりなんだけど、自分が通っていた中高一貫校では、あんまりそういう分かりやすい対立はなかった。
そして、その中高一貫校、これがびっくりするほど山の中で、何買うにしても京都か大阪、に出ないと無理な訳だ。自分は特に通学途中にたいした町がないしまだケータイも持ってないから実際に途中下車して本屋を探すような事をよくしてたけど。
平城山んところでアップライト筐体がおいてあってひたすらゲームしてたなあ。そこの本屋には大してマンガなくてナカナカ大変だったよ。


中学入った時の臨海学習で、横に座った白川某という人間からウォーロックとT&Tのルールブックを借りて読ませてもらったってのが、まあそこら辺の濃ゆい文化に触れた最初ではあるんだけど。晩にレムリカ銃士隊とかやってたなあ。
高校の文化祭で、米米CLUBのShake Hip!とか、筋肉少女帯の日本印度化計画とか歌ってたバンドがあって、そこの同好会誌には、サイキック青年団とかスーパーヅガンとかあって、そこの同好会の展示では銀英伝やFSSの一話とかを流してた。そういやグランゾートも書いてたっけ。


時々見てると、個人的体験と、みんなが共有しているものの話とは違うなあとは思うんだけど。
そもそも、オタクですら、エヴァ知らないとかで冷たい目で見られた事はあるし、四コマとか何が面白いとか言われた事もありはする。知らないものをとりあえず嫌いだとか興味ないの言い換えでつまらないという人に出会う事は結構ある。買ってるマンガが打ち切られる事は昔からしょっちゅうあったし、まあなあ・・・・・・


ARTIFACT −人工事実− : オタク定点観測 第15回 オタクとサブカル様
ここらへんをちょっと見て思うのは、「話の上っ面だけ聞きかじって、知ったかする人間が嫌だな」という、それだけな気もするんだ。
ある種、「ブログが新しい!」とか言う人間に対するイラッとする感じと似ているかもしれない。
それを、「オタクvsサブカル」とするのは、ライター側も含めて、「オタク」や「サブカル」のセンターポジションが存在しているという感じなのだろう。出版物「が」そこになるのかな?


関西の場合には、とりあえず北野誠が名前が浮かぶが、まあ、口の悪い人で、サブカル評論家には結構多いタイプな気がする。んだが、あんまり知らない。
最近は、多分マツコ・デラックスがやってるのが、そういうのを駆逐してしまっている所があるように思う。ただ、エロ汚い所は除外しているけど。ただ、本当に上手いなあと思うのは、アレで不幸せになっている人があんまりいない事だよな。みんなほのぼの大好き。