読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「世間一般」に「理解させようとする」行為は、諦める方がいい。

俯瞰

芸大生は「理解不能な」天才でも、奇人変人でもない。 - 言っとこうかなと思った。
見て。


天才と持ち上げられる場面もあれば、奇人として白い眼で見られる事もありますよそりゃ。
けど、人って根本的に、他人を理解していないものです。
だからこそ「普通」とか「普通でない」とかって軽々しく扱えるので。
所詮人間がマトモに識別出来る個体って、そんなに数多い訳じゃないじゃないですか。その中で統計的な事実として「普通」「異常」とか人間が切り分けてるのではなく、社会に流布された「普通」という規格に当てはめてる事でしかないんで。


いわゆる世間一般の方々が、「普通」が何か理解せずに、「普通は~」とか言っている事は、当然世間一般の人も「何か違うなー」とか思いつつ流しているので。
そこに棹さす行為が既に「普通」とは乖離してるって所もあるので。


僕らデュシャンじゃないんで便器は便器として見ますし、石をどこかの広場に持ってくとかって発想はないですよ。
根っこの所でそんな深い理解とかするもんじゃないです。
理解して概念を「使ってる」訳じゃないんです。大した理解もなしに使ってんですよ。