もし東京に核爆弾が落ちたら・・・・・・

というテーマは、実は、あまり過去のデータを流用出来ないんだよという話。

まず、被害は倍増する。

1945年の時代の原爆と、今の原爆ではそもそも効率も規模も違う。10ktクラスの核実験を北朝鮮は地下で行っているが、小さいのでもおそらく50ktになるだろう。単純に威力としても二三倍は超えると思われる。

支援が困難な状況になる。

東京には日本の重要拠点が多すぎる。日本の電話網が一体どれくらいで復旧出来るか不明。電波がどの程度マトモに使えるのか分からん。物流も東京中心で、様々な情報は東京に集約されている。
会社でバックアップセンターを構えている所もあるだろうが、このバックアップセンターが機能しないだろうなーって事も既に東日本大震災で経験済み。データはあるが取り出せなかったり、企業間通信については全く考慮されていなかったりする。DNSはどうなんだろうなあ。
他にも様々な要素があるが、阪神淡路大震災程度では耐えられない。
そもそも、救助は難航すると思われる。人口が多すぎる為にどうしようもない。地下鉄は電源消失時の地下壕として機能するのか謎。非常用の電源合わせて一体どれくらい保つか、計算する気にもなれない。多分人間が圧死する。
水はなんとかなっても物流が死ぬし産業活動が出来ない状況ではどうしようもないとは思う。日本の社会が中央集権的、と言うと嫌な言い方なら、まあ、いわゆるクライアントサーバ型な社会でサーバが殆ど東京なんだ、と言った方がいいのか。地方では全然耐えない。
あと、実機と違ってクラウド環境に実機の再現とかすんの大変面倒。そもそも金払う当てがないしなあ。

一発とは限らない。

まあ、東京大空襲くらいの惨事は想定しておいた方がいいのではないかと思う。あの時代より人が密集していっぱい詰まっている。

降圧薬飲んでるので。

f:id:houyhnhm:20170419114204j:plain

伊予柑檸檬もセーフ。


http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/yakuzai/patient/tjoimi000000161m-att/tjoimi00000019hr.pdf
※フラノクマリンが含まれているものは、腸内の代謝酵素の働きを阻害するので、薬が「効きすぎる」ようになる問題です。
 この影響を受けやすいのが、カルシウム拮抗薬の類なんですが、他の薬でも上記理由により影響を受ける事があります。
 利尿薬飲んでる人は、それナトリウムを排出する為のお薬なんで、多分、塩分控えろとか言われていると思います。
 カリウムを摂取出来る、共食いがオススメですよ。

濃いお茶(静岡以東)くらいになってる。

f:id:houyhnhm:20170418214012j:plain

f:id:houyhnhm:20170418214128j:plain

別に緑茶入れてる訳ではないんだが・・・・・・


メダカがいるか確認するのにライティングが要る。



f:id:houyhnhm:20170418215123j:plain

エビ見つけるのが至難な状況に。
多分買った時の養分あってやたら育つ。


f:id:houyhnhm:20170418215428j:plain
f:id:houyhnhm:20170418215507j:plain

あまりにも安定してしまってるので何かいじりにくい。


何をやってるかというと、ボトルアクアリウムというやつ。
もう半年にはなるかと思う。徐々に増えた。
メダカは、青幹久青幹之というやつで、エビはミナミヌマエビ水草は適当に初心者向けなのを買ってる。


エアレーション(ブクブクするやつ)はなし、その代わりに水草なのだが、地元の所で買ったのが農薬入りだったり巻貝入りだったりしてあまりに酷かったのでAmazonで購入。
メダカなので酸素は大丈夫かと思うが、適当に酸素の石入れたりとかしてた。グリーンウォーター化したという事は相当汚れてたんだと思うが、日光偉大だな。


エビは適当に草食うが、まあ、その分草育つしヨシとしておこう。

この話のメインは医者や医療関係者、医療機関向けですよー、という一般人向けの話。

headlines.yahoo.co.jp
ブコメが妙に価値が見いだせない人の集まりになってしまっているけど。

 研究班は、2010年1月から16年4月までに報告された298人の妊産婦死亡例を分析。無痛分娩を行っていた死亡例が13人(4%)あり、うち1人が麻酔薬による中毒症状で死亡、12人は大量出血や羊水が血液中に入ることで起きる羊水塞栓(そくせん)症などだったという。

麻酔使った「無痛分娩」で13人死亡…厚労省、急変対応求める緊急提言 (読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース


4%くらいしか占めていないので、特に「無痛分娩に問題がある」とは言わない。
因みに古いデータになるが2008年で日本の無痛分娩は2.6%だったそうで。多分今だともう少し高率になっていると思われ、特に無痛分娩でのリスクが高いとは言わない。
参考:
d.hatena.ne.jp
割合としては気になるものの、近年増加にある無痛分娩が、リスクファクターになるかどうかまではここからは分からない。無痛分娩を選択する人が、一般の産婦と同様かも不明なので。
この死亡例調査の場合には、無痛分娩の施術由来かと思われる死亡例のピックアップになっていると思われるので、厳密に「無痛分娩を選択したから」亡くなったとも言い切れない、まだリスクを計算するレベルでもないとは思われる。


ただ、この、「無痛分娩のリスク」については、あんまり周知されていなかった事もあるので周知はいるのかなと。無痛分娩のリスクで、麻酔の針が人体を傷つけるリスクは当然ある。んだが、それ以外にリスクが考えられるという。
母体が亡くなるパターンでの話となるので、気にはされた方がいい。


「頻度不明としても羊水塞栓症になる可能性があるので、それに備えよ」という事。つまり、緊急救命とかが行える状況にした方がいいという事である。
あと、羊水塞栓症は、他の病院に転送させる時間がない、と言われている。

他参考:
http://www.jsog.or.jp/PDF/62/6209-262.pdf
https://www.researchgate.net/profile/Shunsuke_Hyuga/publication/260109507_Prompt_resuscitation_by_obstetric_anesthesiologists_saved_a_parturient_with_amniotic_fluid_embolism_A_case_report/links/5517d63a0cf29ab36bc2c8b3.pdf

報道が間違っている、とは思わない。

「この報道が」間違っているとは思わない。
常日頃の報道として、「出産には未だハイリスクなものが残されている」という事実は伝えられていてしかるべきだろうとは思うが。
医療機関に対しての通達なので、後は医療機関での体制の拡充が必要となる。
色々な含みがある故、パッと聞いたのでは分からない事もあるのかも知れないが、「無痛分娩に関して、ちゃんと体制が整った医療機関で受けて下さい」。硬膜貫通しちゃった患者で呼吸の苦しさを訴えた所、二十分くらい放置されて死亡したケースもあります。この、体制というのは、単に人数がいる、だけではなく、ちゃんと容態を確認してくれる人がいる・余裕があるという所です。


余談。
各病院で、緊急時のマニュアルはあるものと思うのだが、それを公開している所ってあんまないなー。
あと、規模の小さい病院が、計画出産と合わせ無痛分娩を実施しているという状況が日本にはあるようなので、その辺り、病院の体制と合わせリスクが見えているのではという気もする(疫学的に調べる場合、その手の偏りの影響は少なからず出てしまう)。

無痛分娩が普及しない理由

  • 施設側の準備コスト
    • 麻酔医が圧倒的に不足している状況。
  • 輸血等の対応準備のコスト
    • ヤバくなったら搬送、くらいに考えているとダメだったりするが。
    • ただ、意外とこの辺りで医療事故(ミスかどうかは問わない)が起こっていて、とても対応は出来ていないのではと思うところ。
  • 出産補助費用の問題
    • 普通のお産で40万くらい、と思われてしまっているので、注射代は出ない。
    • この時期何かと物入りなので厳しい。移動費用が馬鹿にならない。
    • 出産祝い金で100万くらい出るとこの辺り選択する余裕が出るかも知れないが、そうでないならもう持ってる人じゃないと出来ない。
  • そもそも普及させようとか思ってないんじゃないか的な。
    • 呼ばれなかったら費用が発生しない、みたいな緊急用の対応って、大体腐るよね。
    • 待機費用も拡充した方がいいんじゃね?とは思うが、今の所保険医療の点数制度ではそこらフォローしきれてる気がしない。
    • 医療全体のリソース不足が叫ばれている今、産科みたいな緊急性が低そうに思われる所は後回しになる。


んな所かなあ。

まだ始まらんと思うがなあ。

anond.hatelabo.jp

・トランプは、いくらあり得なさそうなことでも言ったらやる、公約を守る男。ブラフと信じてる人も多いけど、ことトランプに限ってハッタリだけで実際行動に移さないなんてことはあり得ない。ブラフと信じるのも平和ボケっぽく思う。
北朝鮮はアメリカ本土まで届く核を積んだICBMを開発中である。このまま一年放っておくと完成してしまうのだが、アメリカはその完成と保有を許すことはなく、必ず処理する。
・日本人的には、シリアや中東と、東アジアは違うと思ってしまうが、実はそんなことはない。アメリカ人からすると、今まであっちで多かったけど、今度はこっちかあ程度の意識。意識の差はほぼないので、実力行使の始め難さに差なんてない。違いがあるとすれば北朝鮮は核とミサイルをいっぱい持っているということ。しかし、アメリカはその部分をまさに無効化したいわけで、実力行使の戦略でその障壁が問題にならない方法を探すはず。

戦争は本当に始まるぞ

一点目。今派遣したのは特に増援を送った、という訳でもなく、空母打撃群を送ったという所で。実際の侵攻を考えるなら陸軍も含めて考えられるようになるが、今の所、地上から攻める気はなさそう。やるなら数十万規模の派兵が必要になる。
二点目。開発中、ではあるのだが、一応前からアメリカ本土まで射程が広がっているとは言われている。ただ、問題は、いわゆるICBMとして使えるレベルにまで至っているかどうかという所になるんだが、多分それはないかなと思う。もう少し人工衛星打ち上げてろ、とは思うが(無論それもホントはやれないのだが)、如何せん実績を積めてない。アメリカの攻撃に対して動くとすれば韓国への侵入(目的ソウル)。
三点目。シリアの方は読みきれないが北朝鮮の方は中国ロシアと交渉した後に韓国軍つけて堂々と介入出来る可能性があるので丁寧に進むはず。
あとオマケとして日本には掃海させるとか可能なので。流石に地上軍送れとは言われないと思うが、機雷掃除。銃後なのに結構危ないんだが、「高い技術力」とか言っとけばいい。


ただ、正直日本政府は交渉相手としては認識されていないのがハッキリしたなあと思う。連絡はくれるけどそんだけという。中国に比べるとあまりにも影響力ないよね。
もう一つ、先制攻撃して泥沼戦争を引き起こさないのではないかと思う理由は、トランプ政権がまだ安定していない事。ガチでの北朝鮮の反撃が予想される為、死に体のシリアよりかなりハードルが高い。


日本に中距離のが飛んでくるとして、多分東京狙いにはなると思う。大阪や名古屋はないんではないかな。ただ、地上戦やってる時に後方狙うかというと微妙。九州とか沖縄とかその辺りからアメリカ軍が出ていくになると、まあ狙われるとは思うけど。

月末にいつも通り、北朝鮮がミサイル撃ったり核実験したりすると、確実に実力行使は起きる。

戦争は本当に始まるぞ

今の状況だと北朝鮮はやりたいと思うだろうが、それを止めるのが中国になるだろうと思う。
そもそも、今回の行動は、中国やロシアを動かすという意味が大きいのかと思う。中国は平和的解決という話を言っているが、まさにその為に中国が動かされる構図。
シリアの空爆も、ロシアとの外交をやるつもりでかましたんだと思うけどなあ。


今、というタイミングについては、とりあえず政権奪取の興奮が収まり、政権運営を考えていく中で、今まで親ロシア的な動きを見せてきたがそろそろロシアと対等に渡りつける事をアピールする狙いではないかと思う。
悪の枢軸とかとは言わないとは思う。全面戦争は避けるだろう。同様な理由で、人道的介入でイラク戦争みたいな羽目になる事は絶対に避けると思う。同じような形で、「気に入らない事があるとミサイルを撃ち込んで交渉を引き出す」みたいなやり方になっていくとは思う。


これ、国家によるテロリズムだよなーとは思うんだけど、人道掲げられてるより被害は減りそうなんだよね。


余談。
巻き込まれる確率は上がりましたよ。ただ、味方による金銭要求の方が可能性あるね。
北朝鮮と日本との直接の対立は、実のところ拉致被害だけなんだ。だけって言うと問題あると思われるだろうけど、多分、「国家として認める」くらいで単独交渉してれば解決しただろうとは思うんだよね。多少金の問題は出るだろうけど、韓国までこじれない。あまりにも冷戦構造に引きずられてしまった。
この辺りはたらればだけどねえ。

突っ込んでおきますね。

browncapuchin.hatenablog.com

母集団と言う言い方するなら、「その一つの模試を受けた人」ではなく。

偏差値を計算するための数値がいくつかあります.そのうち,もっとも大切なのは母集団と平均値です.
例えばこれを読んでいる方あるいはお子さんが河○塾の全国統一模試を受けたとします.
この場合,河○塾の全国統一模試を受けた人たちが母集団となります.
一方,もし同じ日に代○木ゼミナールの模試があってそちらを受けた人達は母集団には含まれません.問題も受験者も違いますからね.
したがって,違う母集団同士のデータをごっちゃにしてはいけないし,違う母集団同士の偏差値を直接比較してもあまり意味はありません(まったく意味がないわけじゃないことは最後に書きました).
河○塾の全国統一模試の結果の点数を合計し,受験者数で割ると平均値が計算できます.いろんな資格試験で使われているCBTでも同じです.

君は偏差値を説明できるか? - おまきざるの自由研究

「一つの全国統一模試を受けた人たちの集団」は「標本集団」です。「母集団」とは違う概念です。
母集団とは、推定統計において標本集団の大本となる全体の集団を意味します。この、「推定統計」でないと「母集団」という概念は出ません。
何にも付けないか、標本として考えて下さい。標本のサンプリングの範囲が違うとかいう言い方ならまだ分かりますが。

◎このように,個人得点と母集団の平均点が同じであっても,受験生の得点のばらつき具合(標準偏差)によって偏差値が違ってくることがわかります.

君は偏差値を説明できるか? - おまきざるの自由研究

この母集団とかは明らかに変な言葉の使い方になります。
母集団 - Wikipedia


実の所、河合塾の所でも

全国屈指の母集団

全統模試案内 | 模試 | 大学受験の予備校 河合塾

とありますが、統計の言葉としては、全国屈指の標本サイズとかそちらの方が正しいです。
全国屈指、という事は、つまりは「数が多いんで受験生全体を程よく反映している」とか言いたいんでしょうし、比較対象は「受験生全体」だと思われます。偏差値そのものも、「河合塾の中での偏差値」という意味限定なら、大した意味はないですよね(大学受験予備校として)。

標準偏差にはメジャーなので二種類あるので。

大体式としては
\sigma^2=\frac{1}{n}\sum_{i=1}^{n}(x_n-\bar{x})^2
となってますが、
今推定統計とかで普通に扱う標準偏差の場合には
\sigma^2=\frac{1}{n-1}\sum_{i=1}^{n}(x_n-\bar{x})^2
です。
英語では前者にpopulation standard deviationとか言ったりして区別つける事あります。後者はsample standard deviationとか言います。
この前者のパターンは、いわゆる全例調査である場合などには用いられますし、間違っている訳ではないんですが、母集団というような言葉と共に用いられると首をかしげる事になります。
で、学力の偏差値の場合には大抵前者です。

偏差値、の前に。

deviation valueと言われると、大抵、標準偏差の値と読んでしまうので止めた方がいいと思います。
"McCall's T Scores"と言った方が通じやすいかと思います。
確かに「日本の偏差値は、それとは別に独自に作った」、というのがあるのでしょうが、その場合には「Hensati」とかそんな風にした方がまだマシだと思います。

余談

「テストの点数が正規分布する」という仮説は確か相当に荒い仮定で、実際の所個々のテストの分布は正規分布していないはずです。
という事を、どっかで見たなあと思ったんですが、多分この辺りと同じような話です。これの「2. 正規分布は普通の分布?」の所。
連載 奥村先生の統計学教室_第2回

本日の溜め息が出る事案。

そりゃAdd-inで障害が出るってんなら、Add-inオフして使えば問題ないけどさ。
それAdd-in出してる会社のサポートが言う事なんでしょうか。


あんまりにもMicrosoftのせいにするものだから、コード値見て「あ」とか思うようになってしまったんですが、またこれ格好悪い事に、その手の冷たい回答の後、米国でそれのHotfixとか出してるのが続いてるからなあ。

170万の学び。

www.slideshare.net
所詮他人の金ですが。


Amazonとかサーバレスとかよう分かりませんが。
広いレンジでガンガンインタラクティブに種々様々なコマンド投げて集計させたい、なら、多分ログを予めSparkにブチ込んでおくと幸せになれそうですし。
殆どは集計をみたいのだという話なら、予め集計されたOLAPみたいな形式にしておくと多分幸せですし。
狭いレンジを全なめ全件取得とかなら、実の所、テーブル/SQLは必要なのかという気はします。ログのテキストファイルをテーブル化して絞り込んでまた結果をテキストでもらうとかそりゃパフォーマンス出ないだろうなあとは。

人にありがたがられると照れますねえ。

はてな外では人畜無害。


MMORPGとかもダラダラとやってんですが(ドラゴニックエイジとか)、ゲーム内ではほとんど寡黙かつ紳士です。


これには理由があって。
昔、冴木WORLDという所のメインの掲示板にちょっと参加してた事がありまして(小桑院春樹というHNで。友人にもらったんですが)。そこが、なんと言うか、常連さんの間で妙な揉め方をして崩壊した事がありまして。
まあ、元々、自治寮の執行委員とかもやってたりしてたので揉め事ヲチは良くしてましたけど、好きや嫌いやで揉めるのは仕方ないにしろ、場が完全に無くなるというのは、結構ツライんですよね周りも。
ゲームも競争するとかは無論あるんですが、ギルドあってこそ競争出来るというのもあるものなので、誰一人として楽しくない理由で抜けてほしくないなあってのはあるんですね。


揉め事に首を突っ込むのは、趣味です。
誰の為でもなく自分の為です。
揉める程ガヤガヤしてないのもつまらないと思うものですし。
ただ、仲違いしてほしいとか残念な結果になってほしいとかは思ってません。

高市早苗寄附金控除詐欺疑惑について。

headlines.yahoo.co.jp

1 政党等寄附金特別控除

 個人が平成7年1月1日から平成31年12月31日までに支払った政党又は政治資金団体に対する政治活動に関する寄附金で一定のもの(以下「政党等に対する寄附金」といいます。)については、支払った年分の所得控除としての寄附金控除の適用を受けるか、又は次の算式で計算した金額(その年分の所得税額の25%相当額を限度とします。)について税額控除の適用を受けるか、 いずれか有利な方を選択することができます。

※  「一定のもの」とは、政治資金規正法第3条第2項に規定する政党及び政治資金規正法第5条第1項第2号に規定する政治資金団体に対する政治活動に関する寄附(同法の規定に違反することとなるもの及びその寄附をした人に特別の利益が及ぶと認められるものを除く。)で、政治資金規正法第12条又は第17条の規定による報告書により報告されたものをいいます。

No.1260 政党等寄附金特別控除制度|所得税|国税庁

代表者が同じような政治団体への寄附をした人に特別の利益が及ぶと認められるのではなかろうか。


とは言え、政治資金の移動は「寄附金」という形を取る事が多いと思われ、企業間の資金移動より甘々なのはあるだろうから、多分国会で責任追及される場合には、「ほぼ同額の移動を短期間に行っている」事が問題視されるだろう。
必要だったからお金を移動させた、というような場合には、「寄附」とは見做されないし、必要がないなら明らかに寄附金控除を悪用したものだしねえ。

そろそろ、「国会全て中継しライブでお届け!」みたいな放送局が出来てもいいのでは。

www.buzzfeed.com


NHKあたりが取り組んでいいんではなかろうか。
特にカメラワークとかいらない。多分四台くらいの定点観測用カメラで画面分割して集音マイクからの音声を全て垂れ流せばいいんじゃなかろうか。
4Kだか8Kだかの放送なら十分なデータ転送量ではなかろうか。


現段階では、「記録してもらうと困るものがある」という意見もあるだろうが、むしろ恣意的に編集されるより情報の歪みが少ないと思う。
記録としてもかなり便利になるだろう。


問題になるのは、映像ではなくどちらかというと音声で、高品質での音声を期待したい。副音声も使いつつ、22.2chサラウンドで国会を再現してほしい。
出来ればVR対応までいければいいんだけど。

mix local.hexを認証付きProxy越しに実行させる場合

Windows環境でも

set http_proxy=http://<userid>:<password>@<proxy server>:<port>
set https_proxy=http://<userid>:<password>@<proxy server>:<port>

が通じるのですが、
ここで一点、useridなどに@が入っている場合、%40で置き換えたりするんですが、

mix local.hex

で使われているhttpcでは、@のまま設定しないとエラーになりました。
ウチの系列会社だと、メールアドレスがそのまんまユーザIDにされてしまってるので、多分これで引っかかってる人多いんじゃないかと思いました。


@のままで通るんかい。


気分を害したので、mix.bat書き換えて上の設定を入れた。後悔はしていない。

ホントに籠池が国会で話す事で終わるんだろうか。

あと一回くらい変身残してそうなんだが。


不思議なんですが、何で侮るのですかね。

沖縄の特殊性についてちょっと考える事。

http://mainichi.jp/articles/20170315/dde/012/040/004000c


最近、沖縄の特殊性について、「本土と沖縄は違う」というような話がチラホラ見るのだが、間違っている訳ではないがその違いは何かという所で。
本土vs沖縄みたいな構図しか見ていないのもアレなので。


そうではなく、戦争後からの時代の進み方が、沖縄と本土で異なる、のが主因ではないかという事を指摘しておく。
日本で進駐軍がいたのは、1945年から1952年の7年間である。その支配地は主に東京であり、600箇所は接収されているという。ただし、日本政府に対する監視という所での間接統治であり、産業解体も低レベルであった。
一応言っておくが、日本は敗戦国であり、ガチで日本は滅ぶ一歩手前だったのだ。戦争の責任として各地の産業機械を全て解体し海外に移転させるような話もあった。そこまでやられなかった理由のは、日本の従順さと朝鮮戦争などの冷戦構造である。逆コース、という占領政策の逆も行われた。


http://www.nids.mod.go.jp/publication/mh_tokushu/pdf/mh006.pdf


沖縄においては直接統治が行われ、それが7年間ほど続いていた。
アメリカは沖縄を日本とは別として扱い、日本もまたそれにしたがっていた。その間に、沖縄はアメリカの巨大な軍事基地となっていく。旧日本軍の基地の範囲なんて全然話にならないレベルで、飛行場が建設されていく。
軍隊というのは、いわゆる帝国主義の名残として存在するもので、本土が民主化された後でもせっせと国外で植民地的支配を行っているのが実際である。この辺り、日本の地方でも小規模ながら発生するもので、しばしば地元の人間で東京に馴染んだ人間、が地方の首長として担ぎ上げられ、地方傀儡として地方の政治と中央の政治を取り持つ構図になっている。
ただし、沖縄の場合にはもっと特殊で、現在日本政府の直下とされているが、これがアメリカ軍の意向を受けて動く。まあ、直接支配から間接支配という、日本の戦後を今でも実演されているという場になっている。


その複雑さが、歴代沖縄県県知事にも現れている。
沖縄は、戦後も度々「沖縄県の権力を取り上げる」などの発言をされている。これがまたスゴいのであるが、日本国の中で、地方自治体としてそこまで権利をないがしろにされている県というのはそうない。日米双方の工作が行われている土地もそうなく、日本に所属しているが国内ではない感がスゴい。

イラッとする。

会社名を間違えられるより、苗字の漢字を間違えられるのがイラッとする。
いやもう間違えられる事自体は慣れてますけど・・・・・・
何でメールのレスなのに間違うのかなあ。


まあ、若年性の老眼の人が多いという事なんでしょうかね。