|\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄ ̄


やあ /人◕ ‿‿ ◕人\
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このサイトを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このサイトを立てたんだ。

じゃあ、注文を聞こうか
*1

*1:オリジナルは2ch

幾ら事件の記事を見ようが穴しか開いてない。

そうとしか言いようがない。


たとえ、そこが銃弾飛び交う世界であろうが、多分あまり変わらない。
これはそういうものだ。
一番我慢ならないのが人の死で、誰かの発言がどうだの新聞報道がどうだのは、その厳然たる事実の前にはどうにも力は入らない。


悔しいというのとも違う。
虚しい。

Hagexの死について。

www.byosoku100.com
を見つつ。


詳しい人となりは全く知らないしリアルではあった事がないのであるが、はてな村を見ている人としてそれなりにブコメつけたりブコメで会話したりした人であるので、単なる事件とは思えず、なんというか、理不尽としか言いようがない気持ちがある。


なお、幾つか他で勘違いされている事があり。
低能先生というあだ名は、「死ね、ゴミクズ」とかIDコールしつつ撒き散らす中に「低能」という言葉を当人が辺りに向けてつけてくる事が由来になる。
低能先生の罵倒の的になった人間はかなりいるし、その中でとりわけHagexが狙われたのは、「ネットウォッチャーとして人気が出てリアルで殺人犯の近くに来てしまった」という事に尽きる。


はてなでは繰り返し垢BANになっており、彼を止める為の行動は幾らでも起こせたと思う。はてな運営も含め。
ただ、彼が威力営業妨害レベルではなく、殺人を実際に犯すやつだという事に(まあそれでも数年は殺人をしてはいないのだが)思い至らなかった事であろう。


「発言と実行は別」という形から、「実際にやるやつがいる」という所に現実なってしまったという事は、みんな考えた方がいいかと思う。
この点で、はてなをあんまり責める気にもなれない。いやまあサービス運営者として認識は出来た所ではあるし認識していたのでもあるが、まさかであろうし、警察もあまりにも長い期間の殺人示唆発言なので、ほぼスルーはしたろうし。


殺人犯の頭のネジがどっかで外れたのかも知れん。
増田で煽られたのかも知れんが、リアル側の事情の方が全く見えていないのが不思議ではある(が、警察もこんなあからさまな殺意については仔細を詰めないし情状酌量の余地があるかないかしか見ない)。
低能先生の事情とかを知りたくもないな、とも思う。怒りや憤りや恨みというよりは、虚脱感の方が強い。


長い事Web見てて、自殺するやつは何人か見たし病気で亡くなった人も見たが、これほど無情な死に会うのははじめてだ。
そのうち出会えたかも知れんかったのになあ。


ekkenの死も悲しかったし、str017の死も悲しかった。
まだHagexの死は、実感がない。

タイトルは、変えない方が望ましい(はてブとしては)

www.netlorechase.net
これの件だけど。


はてブでは最初のブクマつく時にタイトルを保存しちゃうので最初のタイトルが記憶される。
が、これ、スマホアプリではページに追従したりする可能性あるっぽいが(昔そんな動きしてた。今はあんまりちゃんと追従しない気もする)、普通のブラウザから見る分には変わらんので、気付いたら修正してほしい。
理想としては、更新しなくていいようなタイトルをつけるのが望ましい。
んだけどまあ変わるものは仕方ないわなあ。

電車の遅延や中止への対応について。



見て。

電車遅延のせいで被った損害を、JR等に請求可能かという問題については、おおよそ結論が出ている。

lmedia.jp
JR東日本:旅客営業規則>第2編 旅客営業 -第7章 乗車変更等の取扱い -第3節 旅客の特殊取扱 -第5款 運行不能及び遅延

宿泊のキャンセル費用等については、別途契約したホテルとの交渉が必要。
「2時間以上遅延だと全額払い戻し」等はあるが、そこまで。

SNSで拡散させる事についての責任は、JR等が負わない。

まあ、恐喝にならなくてよかったね。

ざっと見た感じ。

www3.nhk.or.jp
今回のW杯は、見やすい時間帯でいいですね。

結論

結構面白味がなかった。
コロンビアは数的不利の状況で勝ちを得に行っていて、しかしその為の選手交代がはまらなかったが故のコロンビアの負け。
ロドリゲスの調子が明らかにおかしかった。

ざっと。

勝つのは良いことですよねきっと。
ただ、開始3分で10人サッカーにコロンビアがなって、前半からコロンビアが体力より一層削られる展開だった。
コロンビアのディフェンスが冴えていても前に運ぶ事がうまく出来ず、後半に行くに従ってひたすら耐える事が多くなり、選手交代しても上手く行かず、という感じ。
途中投入されたロドリゲスが明らかにチームの足を引っ張っていて、日本はそうなる前に香川⇢本田とか交代が出来たという感じでもある。ただ、戦術的な上手さがあったというよりは、本当に数的有利でものにした感が強い。
思ったより本田が使えてた。


どっちかの代表に肩入れして見る方ではないので、試合としての盛り上がりに欠けるという感じだろうか。
こうこんなに冷えるのは、ハーフタイムの時のNHKの歌が冷やしたという気もする。

ゲーム障害の話。

this.kiji.is
b.hatena.ne.jp

まず。

ICD-11への改訂で新カテゴリが追加されたという「だけ」です。
日本では保険医療の兼ね合いから、医師の診断名に影響を与えるかとは思いますが、それでも「真の病の状況」は診断名とは一致しません。


そうですねー。高次脳機能障害とかの場合、短期記憶がなくなるとかあったりしますが、変わった形で不具合が起こる人もかなりいます。一律で記憶が失われたり24時間しか記憶が保持されなかったりするという訳ではない。
全ての症状をうまく表現する診断名は存在しないです。それこそラノベの長いタイトルみたいな診断名にしても意味がない。
たくさんの診断名がついたとしても、特に精神疾患の場合はそうですが、症例としては一つ「でしか」ない。


なので、特に精神疾患の分野は、分かりやすい病名⇢治療法、という体系ではなく、様々な「症」を表す言葉とそれらをまとめて一つにしたような診断名」みたいなのが幾重にも折り重なる世界です。
オマケに、症状としてはうつなんだけど~の中に、躁うつ病や総合失調症の中のうつ状態双極性障害抑うつ状態等の様々な病態(しかし原因や治療はかなり異なる)が混ざってます。


なので、統計分類としてこの手の言葉は追加されたりします。それが今回の「ゲーム障害」という事です。
集計等に使われ、他の分類で十分であるあるいは他の疾患に統合され得るなら将来的には名前としては消える可能性はあります。


なお、まだ新しい「Gaming disorder」はまだ日本語訳がハッキリ決まってません。
当面は「(仮)」です。
ICD-11 - Mortality and Morbidity Statistics

何の役に立つのか。

今まで「なんかの依存症」⇢個々にMMOであるとかソシャゲであるとか、で記載されていたようなものが、「Gaming disorder」になります。
日本の場合、ここに保険医療が絡む為ちょっと事情が変わりますが、より「分かりやすくなった」という事はあるかと思います。

将来的にはどうなるか。

公式見解ではなく、私見です。
日本的な感覚としては「インターネット依存症」というような形にされる可能性はあります。この話の中心としては、射幸心の問題ではないという事が中心になるかと思います。

  • ゲームで得られる勝利や射幸心が高じての依存⇢ギャンブル障害
  • ゲームで過ごす事への依存⇢ゲーム障害
  • コミュニケーションの拒否拒絶⇢社会不安障害


ICD11に限らないのですが、未だに精神疾患に関しては研究が進んでおらず体系化が不十分という面があります。
理想を言えば一つのツリー構造で整理出来ればいいのですが、これが実現する見込みは全くない(現実的ではない)という事もあります。
ICD10使えねー⇢DSM-IVのMR使えー⇢ICD11改訂⇢。。。。。。というのが何回続くかは読めません。


予め人口比率が予想されているのも少々不気味ですし、SOHOでも同様の疾患が発生する可能性はない訳ではないです。
変な話、SAOみたいなVRが開発された場合に人間の精神に与える影響がどんなもんかなんて考えられてはいないのですが、将来的には我々が運動する事はこころの健康に不可欠みたいになっていく可能性は結構あると思ってます。
精神疾患では、特に、「なんでこの人はこういう形で病んでいるのか」という事は案外ハッキリはしない(病んでるのは分かる)ので、「かつての健康のイメージ」というのはステレオタイプ的に古いものが使われるのも仕方ないです。

大地震と言われましても。

大阪で震度6弱の地震 津波なし | NHKニュース

東大阪でも揺れましたが、タテ揺れだったのもあり、モノは全く落ちてません。便所に座ってたんですがタテ揺れでした。横じゃないので何ともですが、多分それがあるのでレール点検で時間かかってると思います。




f:id:houyhnhm:20180618121624j:plain
※我が家の祭壇。生贄の羊も倒れてない。
※FFのは嫁の本です。後ろのベクシンスキーノーマン・ロックウェルは私。



歩いて線路点検してるらしく、これは今日一日は無理かなと思います。
古い建物はかなりやられてると思います。明日の会社がツラそうで、紙が雪崩起こしてるのはもう確実でしょうね。ああもう。

裁判の証拠とエビデンス、科学鑑定の問題か。

nobuogohara.com
を見て。


科学鑑定の質が低いからそもそも科学とは呼べない問題


が発生しているという事のようだ。

あのな。

anond.hatelabo.jp

増田で普通のIDコールは出来ない。

呼んだつもりかもしれんがお前なあ・・・・・・

元記事も大概だがお前の科学知識もひどい。

120度で2時間乾燥処理された小麦デンプン粒とフライパンで炒めた米の間にはなんの関係もないよ?チャーハンで炒めてる時間なんてせいぜい5分くらいだし、フライパンに接してないバルクの部分はおそらく100度にも達していない。

https://anond.hatelabo.jp/20180614040547:

バルクって何いってんだと思ったが、炒めものの際のフライパンの温度は200度とか行くし、炒めてる中で100度いかないことはねえと思うが。油も100℃は簡単に超える。
コメツブ全体はともかくとして表面上はそこそこ水気が飛ぶ。炒めすぎると水気が抜けすぎるが。
おめえの炒飯は湯気出ないのか。それはかなりただの「温めご飯」だ。


マクロ的なところから考えると、加熱後に疎水性が強くなるのは「表面から水気が抜けるから」だよ。加熱したら「水分は蒸気になって抜ける」の。
無論、水も油も蒸発するんだけど。煙出てなくても結構出てるんだよ。店だと時々油滴が落ちてくるくらい油も飛んでる。
炊いたコメよりどう考えても表面から水抜けてるだろ。中には残っているから弾力性とかあんだけど。


ブコメで出した例ではわかりにくい。もう少し対象に近い話は
http://www.mizuho-c.ac.jp/images/library/kiyo_03/amckiyo-no03-02.pdf



あと、
結晶構造の隙間に水が~というのは、まあ違うちうか、六割近く水分含有してたり常温でも乾燥したりする説明にならない。もう少し大きい細孔の表面とかに水分があんの。
デンプン粒子の結晶化度はコメで40%程度、いわゆるミセル構造だが、それ自体は水には不溶。分子の寄り集まったもんだが大きすぎて溶けん。ただ、加熱するとその構造が壊れたり、中に水が残ってたりするところはある。乾燥させると水が抜ける。
揚げ餅用の餅一回乾燥させたりするのはそのせい。
結晶水みたいな形で水を持っている訳ではない。一応表面に秩序だった構造は取るけどな。でも、この領域の話するなら、クーロン力とかファンデルワールス力とかの話もしなきゃいけないので丁寧にはやらん。活性炭は普通に作ると表面は疎水性になってるんだが、湿り取りに使われるだろ。そういうのに近い。



だからさ、食品化学で実際に実験したりしてんだから、お前の知識だけで語ろうとすんなって話なんだよ。
論文くらいのキーワードは入れとけって話。

いくらなんでも想定甘過ぎ。

レシート買い取りアプリ、開始から1日たたず停止 「予想の750倍の量」 - ITmedia NEWS

いくらなんでも一日300人の捌きなんて見積もりがおかし過ぎる。


コンビニ一店舗に平均した来店者数で800とかなんで、一店舗のトランザクションすらクリア出来てないんだよ。
それから、OCRの精度がどこまでか分からん、アイテムや値段なんかをキチンと把握出来るように組むのはソコソコ大変で。
店ごとにレシートのデータのロジックは異なる。あと、「割引」は別アイテムとして処理されてたり、とにかくロジック作る人がゲロ吐きつつ実装せざるを得ない。


ちゃんとレシートが変換できたとして、データとして見た時に、アイテムの詳細な情報が載ってるわけではないんだよ。
ダイソーとか、JANコードでやってんのかとか、レシートはホント統一性のあるルールないよ。
故に店のリストを大量に作る必要がある。それぞれごとにアルゴリズムを使って、ある程度標準化されたデータを作らなきゃいけない。そうしないと集計のやりようが全くないからね。
家計簿アプリなら、衣料とか食品とかで粗く分けちゃうからいいけど、これは商品の売れ行きなんかを占う為のデータなんだからそんな雑さでは困るわね?
AIだって、アルゴリズム実装の代わりに学習用の教師データ作んなきゃいけない訳で。無いモノは推測しようがない。


正直データ分量甘く見た時点でもうダメだよね。
ベンチャーだからってベンチャーの規模気にしながら客が来る訳じゃない。だからこそ一発当てる可能性があんだけど、死ぬのも一瞬だったね。

何この会社。

jp.techcrunch.com
不思議なもんだが、レシート上げて10円もらうために、名簿業者に情報が流れそうでなあ。


アプリから会社をたどってみる。
「ONE(ワン)」をApp Storeで

デベロッパーのWebサイトへのURL
https://www.wow.one/
となっているが、なんかAppleのサイトに延々飛ばされるので、サポートを確認する。


ONE FINANCIAL
ONEの方には、一体誰と契約させられるのかが、会社名しかない。
「ワンファイナンシャル株式会社」


ググる
ONE FINANCIAL

会社名 ワンファイナンシャル株式会社 (ONEFINANCIAL CO., LTD.)
設立 2016年5月26日
所在地 〒106-0032 東京都港区 六本木4丁目12−8 第6DMJビル 2F

これっぽいな。


www.wantedly.com
とかも見つつ。


CEOはまあどうでもいいや。
COOは
peatix.com
あたりか?

CTOはどうも出会い系アプリの会社あたりだな。エウレカとかは正直興味がない。
CDOはUI/UX周りで1年くらいの経験を繰り返してやってたっぽいなあ。
おおよそこの二人が開発か。

アプローチは少しづつ変わってきたが「『新しい銀行を作る』『お金をよりシンプルにする』という軸は変わっていない」と山内氏は話す。社名変更に加えて代表取締役にベテランの人材を招き組織体制を刷新(引き続き山内氏がCEOを務めるが代表権は持たない)。新体制の下、今回調達した資金も活用してONE PAYのクオリティを上げていきたいという。

スマホ1台あれば数分でカード決済を導入―― 16歳起業家が作った「ONE PAY」提供元が1億円を調達 | TechCrunch Japan

代表権はない。まあ、エンジニアではあるんだろう。
つまりは、誰か他に偉い人がいるということなのだが、どうもなあ。


ONEPAYMENTの方に特定商取引法での表記がある。

サービス提供者の名称
ワンファイナンシャル株式会社

運営責任者
代表取締役 本間 真彦

所在地
住所:〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目6番1号 大手町ビル4階

電子メールアドレス
info@walt.co.jp

こちらちょっと情報が古い可能性はあるのだが、
http://finolab.jp/
このあたりの、共用のなにかだろうか。


日経の記事があった。
www.nikkei.com

 サービス開始の翌月にベンチャーキャピタル(VC)のインキュベイトファンド(東京・港)とD4V(同)から総額1億円を調達した。代表パートナーの本間真彦(42)は「キャッシュレス化が進む中で、すぐに多くの人が使えるアイデアに魅力を感じた」と話す。山内については「起業家の中で突出して若いが、出資する上で年齢は全く気にしなかった」。

そういや、この人村田マリさんの旦那さんですね。

嘘ん。

某所で、新書紹介してたエントリのブコメに難しいとか書かれてて、新書で勉強したとか言うのダセーくらいに思ってたのでちょっと衝撃。


娯楽として買うには似たよーなのも多いし情報薄いし金かかるから控えてんだけど(あと医療とかはクソとか、こう失敗した時にダメージ酷いので)、せっかくなら何度でも読めるモノがほしいくらいなんだけど、何なのそれ。


マジかー。
いやそりゃラノベよりは娯楽にふってないから楽しくはないですよでも大抵ちゃんと一巻に収まってるんや。延々と続くラノベに比べたら超楽じゃん。
結構ゴミも多いけど。そのあたりもラノベと一緒。


いやもう滅茶苦茶退屈かつイケてない標準とか読まされるより全然苦にならない。むしろ楽しいよ。


マジかー。

「二度目の人生を異世界で」をちょっと読んでみた。

ヘイトに塗れたものだと聞いて読んでみたのだが。


多分、この作家に「ヘイトになる可能性がある」という感覚はなかったろうなという考えを強く持った。
それ以前、そもそも過激だとかそういう感覚を持ち合わせてなくて、人の死だとかそのあたりの感覚がびっくりするほど薄い。
だから、もう消えちゃったけど、あのものすごい数殺した記録ってのも、「単に剣の腕前がスゴい」という事にしか使ってない。


例えば

 「ぱんぱかぱーん、おめでとーございます、貴方には異世界に転生する権利が与えられることとなりましたー! これはとっても珍しいことで、めったに無い、言わば宝くじの1等に当選したようなものなのです! 嬉しいですか? 嬉しいですよね? はい、嬉しいと言う事に決まりましたので、みなさまクラッカー準備ー!」


 「え?」

 「斉射ー!」



 幼女の号令の下に、一斉に紐を引かれるクラッカー。

 一体何人の金髪羽付き女性が並んでいるのかは分からなかったが、視界を埋め尽くしているだけの数のクラッカーが寸分違わず一度に鳴り響き、轟音となって地面を揺らす。

 あまりの光景に、功刀くぬぎ 蓮弥れんやはぺたんとしりもちをついてしまった。



 「クラッカー除装! 音楽隊は楽器装備! 手拍子並びに歌唱隊準備!」

 これは絶対にやばい、と蓮弥の脳内で警鐘が鳴り響いた。

 さっきのクラッカーもかなりの音量だったが、今度は楽器と手拍子と歌唱が合わさったらどんな轟音となるのか。

 きっと鼓膜はもとより、精神がもたないと判断した蓮弥は、これから襲い掛かってくる事態を食い止める方法を考えて、即実行に移した。



 「お祝いの歌、よーい……かい……めぎゃ!?」



 しりもちをついた状態から素早く立ち上がると、蓮弥は勢いをつけて容赦なく、微塵もためらうことなく、上機嫌絶好調状態で指揮を執る幼女めがけて前蹴りを放ったのだ。

 まさか攻撃されるとは思ってなかったであろう幼女は、蓮弥の前蹴りをまともに顔面に食らって強制的に後転させられる格好でごろごろと転がっていった。

 やってしまってから蓮弥は気がついたのだが、周囲を埋め尽くしている女性達は蹴飛ばした幼女の指揮に従っていたことから考えて、幼女が指揮官でその配下に当るはずだ。

 当然、指揮官へ攻撃を加えた自分を見逃してくれるはずもないのではないかと思って周囲を見回してみたのだが、誰も動く気配がない。

例えば、シティーハンターとかで、「ハンマーでぶん殴る表現」って出て来るんだけど、それって「滅茶苦茶怒ってる感情と合わせて出て来る誇張表現」みたいな所があるじゃん。
この人はそうじゃないんだよ。ボケにツッコミでもない。
この後に、感情的なセリフが入ってくる。

 これは指揮されないと動けない類の人達なのだろうか、と思った蓮弥だったが、女性達のかなりの数がにっこりと笑っていたり、これみよがしに蓮弥にむけてサムズアップをしているのを見て考えを変える。

 どうやら相当嫌々従っていたらしい。

 女性達の中にはこっそりとだが蓮弥に向けて手を振っている者までいた。



 「な、なにするかー!?」



 転がっていった先で大の字になっていた幼女が立ち上がりながら抗議の声を上げる。

 指摘する気は蓮弥にはさらさらなかったが、貫頭衣など着ている状態で、転がっていったりするものだから、あちこちがめくれ上がって蓮弥の所からはいろいろ見えてはいけないものが丸見えだった。



 「やかましいわ! さっきのクラッカーもうるさかったが、こんな大人数で演奏から歌やらやられたらこっちの鼓膜が破れるわっ!」



 「だからと言って幼女の顔面蹴飛ばしますか!?」



 「俺は年齢差別はしないっ!」



 「女の子ですよ!?」



 「男女平等主義!」



 蓮弥が胸を張って言い切ると、小さなどよめきとまばらにだが拍手が起きた。



 「なんで拍手が起きますか!?」



 幼女が怒鳴りながら女性達の方を睨みつけると、全員が図ったようなタイミングで顔を背けて我関せずと言った顔になった。

「うわ、うるせー」→蹴る、じゃなくて、逆。
そういう、前後順が逆とかが結構ある。


あと、唐突にエロを入れてくる。もうね、よく分かんない。




多分、「我々と同じように考えるから、きっと憎しみを抱いているに違いない」という風に考えてしまうのも間違いなんだろうと思う。
憎しみを抱けるほどの知恵も経験もない。どうも剣道知識なんかも胡散臭いもの変に考えたものを使っているし、こう、「なめんな」って各所からツッコミ受けそうな作品なんだよね。ただ、悪意を持ってやっているようにも見えない。




うーん。なんだろうなこれ。

批判というよりは、「設定が甘いなー」という印象で。

『幸色のワンルーム』はほんとうに否定されるべきセカンドレイプなのか。|海燕|note

いや、私の好きな日常系もただ甘っちゃただ甘なんですが、こう、リアルの虐待児童の話はよく聞くので、はまらんのですよ。


いや、うん、まあ、物語にリアル求めるのもどうかなって話はあると思いますが、虐待されたりしてる子って、もう手懐けるのから苦労するとか、社会性を獲得出来てない人の大変さってある程度見聞きするじゃないですか。
そういう人たちの上に、ファンタジー乗っけるのちとどうなのという。


まあ、万引き家族と比較すると、わりと被害者の実際があるので文句言われるのはしゃーないです。

補足:表現の自由について

わりと狭義の、「国家による統制」については、同意しますが、広義的な「Webで起こってるもの」については、徹底すれば表現の戦争になると思っているので、まあ、好きにやって下さいと思ってます。


90年代サブカルwと違い、好きなモノ同士が好きなモノ作って好きなモノ鑑賞出来るので(サブカルの優越感競争みたいなのはオタクの中でもあったかもですが、流石に思春期過ぎてやってんのはねえ)、まあ、でも、純愛とか言われると、それはねえなってくらいです。


批判も自由ですし、それによる表現の潰し合いも自由です。


うーん、まあ、話題にするにももう少し大ネタじゃないとあんまり反応されんのではとも思います。
あと、映画の脚本で無茶苦茶叩かれそうだなとは思います。上手く言語化出来ないけど、長尺の映画には厳しいような。