読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同病相憐れむとかホント業が深いなあ。

blog.kuroihikari.net

ですが、齊藤さんは犯罪者じゃないです、ただ愛した人にあっけなく捨てられた悲しみをどうにかしたくて、苦しんでおられるのだと思います……

26日、齊藤さんが元カノに通報されている件について - heartbreaking.

そういうのを愛する性だから仕方ないですね。ご本人も牛丼を止められてた事を理由に離婚されましたし。
そもそも、相手の嫌な所を我慢するほどに愛情が育っていないだけでしょう。ただの執着と何が違うかは分かりませんが。


あんだけの事をやっておいて、「さいとーが喧嘩売ってない」とはとても思えないんですが、あれでさいとーが「まだ愛情があって」みたいな事言っているのがドン引きです。
まあ、所詮は犬も食わない何とやらだと思いますが、「いいよって言われたからやったった」みたいなのは、結局の所、ポリシーないんかいとは思いますね。相手の強がりなのか試練なのかは知りませんが、曝露からの流れって、ホント売り言葉に買い言葉やってんじゃないですか。


あと、元恋人がストーカーになるパターンのリベンジポルノって、愛情の裏返しの嫌がらせになっているのを当人があんまり自覚ないので結構問題で。始めは元恋人の恋人に憎しみ抱いたり、マイナスの感情を打ち消そうとして愛情を仄めかしたりするんですが、結局の所、それで恋人が帰ってきたとしたらメチャクチャ束縛したりして離れていた間の溜まった恨みをぶつけたりしますよね。
不倫なので仕方ないですが、愛し合っている時に周りから支援される為に公表するのではなく、破綻してから愛し合ってた時の話を公表したら、そら逆なので恋愛ごとが上手く行くわけないですわねえと思うんですが。いやもう論理と気持ちがチグハグなんですが、相手を本気で愛している「自分」みたいなのが好きすぎると思いますね。裏切りも含めて、それが人間なのに、人間じゃなくて頭ん中の理想の人間見て、そのイメージを目の前のヒトに合わせようと思ってない節がある。


それって、多分プライドが高いんだと思いますよ。コンプレックスが強いとも言いますが。