読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この震災時に"政治"やる人たちについて

暇だなおい。


サヨクもウヨクも関係ない。被災地の復旧復興について語るのが正しい意味での生活からつながっていく政治だとは思うが、自民がとか民進がとかを先にするのは政治っぽくやりたがりなのだろう。
が、いわゆるTVで所信表明みたいなのをやるのが本来の政治ではなく、社会のリソース配分をどうにかして決めるとかが政治だから。サヨクとかウヨクとかはわりとどうでもいい些末事である。


自衛隊を応援することが励みになりますからとかそんな事より、実際に我々が何をなすべきか、あるいは情報として何を出して何を出さないか(デマを消すか)ちうのが、多分ネットの暇人のやれる事だとは思うけどなあ。


まあ良くも悪くも、みんなが薄々感じているとは思うが、熊本地震東日本大震災よりはマシでありそこまで危機があるわけじゃない。無論これからの地震がどうなるかって所はあるんだが、リソース投入遊びみたいなのをやってられるレベルではある。
人は死んでるんだが、要は他人とはそれぐらいのものであるのだ。日本人とかに関わらずね。誰かが自殺しようが、身近な人でなければそうショックを受ける事もない。年寄りが死ぬのは当たり前、事故で死ぬのも当たり前。一週間か二週間程度、長くてひと月程度の事だろうと高をくくっているし、そしてその予想は多分だいたい当たる。