読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

導入


      |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'__  '.  li  ',__
      ̄(__.ノ  (__.ノ ̄ ̄


やあ /人◕ ‿‿ ◕人\
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このサイトを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このサイトを立てたんだ。

じゃあ、注文を聞こうか
*1

*1:オリジナルは2ch

人にありがたがられると照れますねえ。

俯瞰

はてな外では人畜無害。


MMORPGとかもダラダラとやってんですが(ドラゴニックエイジとか)、ゲーム内ではほとんど寡黙かつ紳士です。


これには理由があって。
昔、冴木WORLDという所のメインの掲示板にちょっと参加してた事がありまして(小桑院春樹というHNで。友人にもらったんですが)。そこが、なんと言うか、常連さんの間で妙な揉め方をして崩壊した事がありまして。
まあ、元々、自治寮の執行委員とかもやってたりしてたので揉め事ヲチは良くしてましたけど、好きや嫌いやで揉めるのは仕方ないにしろ、場が完全に無くなるというのは、結構ツライんですよね周りも。
ゲームも競争するとかは無論あるんですが、ギルドあってこそ競争出来るというのもあるものなので、誰一人として楽しくない理由で抜けてほしくないなあってのはあるんですね。


揉め事に首を突っ込むのは、趣味です。
誰の為でもなく自分の為です。
揉める程ガヤガヤしてないのもつまらないと思うものですし。
ただ、仲違いしてほしいとか残念な結果になってほしいとかは思ってません。

高市早苗寄附金控除詐欺疑惑について。

俯瞰

headlines.yahoo.co.jp

1 政党等寄附金特別控除

 個人が平成7年1月1日から平成31年12月31日までに支払った政党又は政治資金団体に対する政治活動に関する寄附金で一定のもの(以下「政党等に対する寄附金」といいます。)については、支払った年分の所得控除としての寄附金控除の適用を受けるか、又は次の算式で計算した金額(その年分の所得税額の25%相当額を限度とします。)について税額控除の適用を受けるか、 いずれか有利な方を選択することができます。

※  「一定のもの」とは、政治資金規正法第3条第2項に規定する政党及び政治資金規正法第5条第1項第2号に規定する政治資金団体に対する政治活動に関する寄附(同法の規定に違反することとなるもの及びその寄附をした人に特別の利益が及ぶと認められるものを除く。)で、政治資金規正法第12条又は第17条の規定による報告書により報告されたものをいいます。

No.1260 政党等寄附金特別控除制度|所得税|国税庁

代表者が同じような政治団体への寄附をした人に特別の利益が及ぶと認められるのではなかろうか。


とは言え、政治資金の移動は「寄附金」という形を取る事が多いと思われ、企業間の資金移動より甘々なのはあるだろうから、多分国会で責任追及される場合には、「ほぼ同額の移動を短期間に行っている」事が問題視されるだろう。
必要だったからお金を移動させた、というような場合には、「寄附」とは見做されないし、必要がないなら明らかに寄附金控除を悪用したものだしねえ。

そろそろ、「国会全て中継しライブでお届け!」みたいな放送局が出来てもいいのでは。

俯瞰

www.buzzfeed.com


NHKあたりが取り組んでいいんではなかろうか。
特にカメラワークとかいらない。多分四台くらいの定点観測用カメラで画面分割して集音マイクからの音声を全て垂れ流せばいいんじゃなかろうか。
4Kだか8Kだかの放送なら十分なデータ転送量ではなかろうか。


現段階では、「記録してもらうと困るものがある」という意見もあるだろうが、むしろ恣意的に編集されるより情報の歪みが少ないと思う。
記録としてもかなり便利になるだろう。


問題になるのは、映像ではなくどちらかというと音声で、高品質での音声を期待したい。副音声も使いつつ、22.2chサラウンドで国会を再現してほしい。
出来ればVR対応までいければいいんだけど。

mix local.hexを認証付きProxy越しに実行させる場合

遊び事

Windows環境でも

set http_proxy=http://<userid>:<password>@<proxy server>:<port>
set https_proxy=http://<userid>:<password>@<proxy server>:<port>

が通じるのですが、
ここで一点、useridなどに@が入っている場合、%40で置き換えたりするんですが、

mix local.hex

で使われているhttpcでは、@のまま設定しないとエラーになりました。
ウチの系列会社だと、メールアドレスがそのまんまユーザIDにされてしまってるので、多分これで引っかかってる人多いんじゃないかと思いました。


@のままで通るんかい。


気分を害したので、mix.bat書き換えて上の設定を入れた。後悔はしていない。

ホントに籠池が国会で話す事で終わるんだろうか。

俯瞰

あと一回くらい変身残してそうなんだが。


不思議なんですが、何で侮るのですかね。

沖縄の特殊性についてちょっと考える事。

俯瞰

http://mainichi.jp/articles/20170315/dde/012/040/004000c


最近、沖縄の特殊性について、「本土と沖縄は違う」というような話がチラホラ見るのだが、間違っている訳ではないがその違いは何かという所で。
本土vs沖縄みたいな構図しか見ていないのもアレなので。


そうではなく、戦争後からの時代の進み方が、沖縄と本土で異なる、のが主因ではないかという事を指摘しておく。
日本で進駐軍がいたのは、1945年から1952年の7年間である。その支配地は主に東京であり、600箇所は接収されているという。ただし、日本政府に対する監視という所での間接統治であり、産業解体も低レベルであった。
一応言っておくが、日本は敗戦国であり、ガチで日本は滅ぶ一歩手前だったのだ。戦争の責任として各地の産業機械を全て解体し海外に移転させるような話もあった。そこまでやられなかった理由のは、日本の従順さと朝鮮戦争などの冷戦構造である。逆コース、という占領政策の逆も行われた。


http://www.nids.mod.go.jp/publication/mh_tokushu/pdf/mh006.pdf


沖縄においては直接統治が行われ、それが7年間ほど続いていた。
アメリカは沖縄を日本とは別として扱い、日本もまたそれにしたがっていた。その間に、沖縄はアメリカの巨大な軍事基地となっていく。旧日本軍の基地の範囲なんて全然話にならないレベルで、飛行場が建設されていく。
軍隊というのは、いわゆる帝国主義の名残として存在するもので、本土が民主化された後でもせっせと国外で植民地的支配を行っているのが実際である。この辺り、日本の地方でも小規模ながら発生するもので、しばしば地元の人間で東京に馴染んだ人間、が地方の首長として担ぎ上げられ、地方傀儡として地方の政治と中央の政治を取り持つ構図になっている。
ただし、沖縄の場合にはもっと特殊で、現在日本政府の直下とされているが、これがアメリカ軍の意向を受けて動く。まあ、直接支配から間接支配という、日本の戦後を今でも実演されているという場になっている。


その複雑さが、歴代沖縄県県知事にも現れている。
沖縄は、戦後も度々「沖縄県の権力を取り上げる」などの発言をされている。これがまたスゴいのであるが、日本国の中で、地方自治体としてそこまで権利をないがしろにされている県というのはそうない。日米双方の工作が行われている土地もそうなく、日本に所属しているが国内ではない感がスゴい。

イラッとする。

俯瞰

会社名を間違えられるより、苗字の漢字を間違えられるのがイラッとする。
いやもう間違えられる事自体は慣れてますけど・・・・・・
何でメールのレスなのに間違うのかなあ。


まあ、若年性の老眼の人が多いという事なんでしょうかね。

Vivaldiには勝てなかったよ・・・・・・

俯瞰

Google Chrome使うのしんどいん。
Firefoxはまだ使うとは思うけど、最初の挙動のキビキビさはどうしても負けるなあ・・・・・・

自己批判でも書けばいいのに。

俯瞰

gendai.ismedia.jp
個人的な感想として。


タイトル通りであるが。
もうひとつ言い添えるなら、「どうでもいい事の専門家」として、「この問題から避ける」のは多分良くないだろうし、
そもそも、記者とか編集のしごとは、「自分の知っている事を伝える」のではなく、「知らない事を知っている人から聞く」というもんだと思うが。

これ、第三者が見て納得するのかねえ。

俯瞰

http://v3.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1450400&code=2432


読んだのだが。
明確にブラックと言えなければホワイト、ぐらいの勢いなので、今後の企業のあるべき姿等も見失っている状況である。
事実調査は労作ではあると思うが、400件程度で音を上げる程度の調査であり、残念でもある。
ランダムサンプリング以前に、記事として400件くらいでパターン網羅出来ているかどうかちゃんと検討した節はない。選択除外基準が結果に偏りを齎す事が簡単に予見出来る為、出てきた数字はあんまり意味がない参考程度にしか見れない。あくまでも予備調査レベル。
数字を出すなら、もう少し、「推定される問題のある記事の数」を表記した方が良かったとは思う。


あと、すごく気になるが、クラウドワーキングの会社と結んでいる特殊契約が、違法ではないか(少なくとも契約に則っていない為に契約違反であるとは思うが)と思うのだが。
偽装じゃね?これ。

日本の商習慣があってないのだが、日本の商習慣も大概クソなのでなあ。

俯瞰

itpro.nikkeibp.co.jp

 製造業A社のシステム部長は悩んでいた。会計や販売管理、生産管理など社内の主要なシステムは全てOracle DBを利用している。しかし開発時期はバラバラで、システム構築を依頼したITベンダーもシステムごとに異なっていた。Oracle DBのライセンスはシステム構築に合わせて、その都度購入している。システムごとに同じOracle DBとはいえ、バージョンは異なり、システム部門の保守作業も手間になっていた。

どうする?オラクル - 怒りを通り越してあきれるOracleユーザー:ITpro

日々、「バージョンを上げて合わせる」とか「共通基盤の上に乗せてインスタンスの設計の部分等も共通化する」とかやってないツケ、でしかない。


でも、

 「Oracle DBを使っているシステムの維持費用を削減したい」。こう考えたシステム部長は、安定稼働していて、今後も大きな業務機能の変更もないと想定できるシステムのデータベースの保守契約を止めようと考えて、該当システムの保守を依頼しているパートナーに相談した。
 ところがパートナーからの返事は、「米Oracleのサポートポリシー上、社内で利用しているすべてのOracle DBの保守契約を止めるか、継続するしかできません」というものだった。Oracle DBを利用しているシステムの中には、今後、大規模な変更の可能性があるシステムもある。全てのOracle DBの保守契約を止めるのは難しかった。

どうする?オラクル - 怒りを通り越してあきれるOracleユーザー:ITpro

真面目に回答してくれてるだけマシだと思うが、そもそもでいうと、「問題が起こるかもしれないから保守契約する」「問題が起こらなさそうなら保守契約しない」というのは、「いい加減にしろ」としか思わない。
例えば、Oracleを10個のシステムで使っており、1個のシステムだけで保守契約を結べるとすると、他のシステムのトラブルもその保守契約にブチ込んでくる気だろうがそれはさせん、という話でそうなっている。まあ、実際そういう事やった企業があるから契約がそうなっていくんだが。
某どこぞの公共系のシステムで似たような話にぶち当たった事があるが、「ウチの公共機関で、公共機関連合の中でオープンに利用出来るシステム」とかで、外部公開用のライセンスを締結していないのに利用させてたのあったな。そりゃ売れなくなるわなソフト。


そりゃクラウド利用も進まないし、DevOpsも進まないわ。
「塩漬けにしておきたいシステムをクラウドにあげようとする」という話で誰が幸せになるか。OSSのDB使っても幸せにはならんよ。Oracleと同程度の保守作業を発注されてしかもOracleSQLOSSSQLに変換するだけのお仕事とかになる。
まあ、日本企業の場合には、「費用対効果」の「効果」がもう企業に見込めないから、コストカットの話ばっかりになるんだけどさ、アメリカの企業の場合ならその部門別会社にして売るよそうなったら。


いやホント、ソフト買い付けで終わってる会社なんか、もうその業務辞めたらいいのに。なんで自分らの業務なのに、自分達で構成考えられないんだよ。会話しにいっても不毛な会話しか出来ないのがあってな。役員もだがそこのプロジェクトリーダーがシステムがどうなってるか分からねえ説明出来ねえ調査してくれととか言われてもなあ。

これからも量産されていくであろう、ユニコード「による」問題だよね。

俯瞰

moriyoshi.hatenablog.com

これの何が恐ろしかったかというと、現実に (とあるインターネットサービス上で) ユーザーが住所の一部に入力した文字としてこのCJK Radicalsが出現し、CP932に変換できないという事案が発生したからだ。

「ユニコード」で予期せぬ目に遭った話 - moriyoshiの日記

個人的に日常的に入力しようとして困る文字に、「☓」と「×」があったりするが、ユーザが見えるのは、似たような文字の形だけに、誤入力を防ぐ事が出来ない。
というか、誤入力だと指摘されても全然どこか検討が付かない事が多く、寄せられないのに悩む場合は多い。


斎藤さん問題もそうなんだが、「正しい表記の為にバリエーションが増える」のはいいけど、「当たり前に寄せるのが困難」という事になりがちで。
まあ、言語レベルでもイラッとくる、「英単語のハイフン問題」とかもそうなんだが・・・・・・
昔のシステムが半角カナとかで出来ていて「なんでこんなクソ面倒なものを」と思ってたら、正しい表記のバリエーションが増えると、姓名ですら寄せるのが面倒(システムによっては許容したり許容しなかったり誤入力されたままだったり)ってのが、地獄。


むかーし、とある会社のとある契約が、合弁した後にちゃんと契約管理されていなかったのが発覚してシステムの中覗いたら、医師名管理マスタがなくて死にかけた事があるが。
エンドユーザはあるがまま入力してくるし誰もバリデーションしてなさげだったしそして医者は市販後調査だからプロトコルあるっつってんのに適用外の患者ブチ込んでくるし、酷かった。契約切れたので逃げたけど。


余談だが、多分この手のライブラリみたいなのはちょこちょこあるし、結構金かけてメンテしてるので有料になっているのも多いかと思う。
んだが、最大公約数的に使えるのが、CP932への変換時に代替文字で置き換えられるかどうかチェックみたいなのになっているだろうとは思う。
昔、VBAでUTF8→CP932→UTF-8みたいなのをWin32APIでやってその比較をコンペアした事があったが、FCコマンドのバグに苦しめられた。FCコマンドだと改行文字を無視して比較してくれる機能があるんだが、255文字だったか256文字だったかが、改行文字を無視しない所が妙に出てくるのである。
この辺りFCコマンドでやるなという話ではあるが、ありあわせのもの使わないとVBAだと速度出ないんだよ・・・・・・今思い出しても面倒臭い。

中小企業なら可能だろうが。

俯瞰

hatebu.me

官・民共同で「会社受け取り」を開始してはどうだろうか。既に導入されたり暗黙の了解になっている会社もあるけど、ごく一部だ。ほぼ再配達なくなるのと同時に、配達先が集約されるのもヤマト側の負担軽減につながる。

もちろん、液晶モニタやラックなどの重いモノは駄目だけど、それはAmazonから自宅への従来通りの方法で送ってもらえればいいだろう。

今までも個人目的でAmazonで購入したものを容認していた会社はあったけど、これからはそんな会社を広めて、大っぴらに会社配達が受け取れるようにした方が良いと思う。

会社の窓口で受け取って従業員に渡す。会社の福利厚生にもなると思う。

ヤマト運輸・Amazon問題は「会社で受け取り」で問題が解消できる - はてな村定点観測所

ウチのような会社の場合、

  1. 個人名で席を探し当てるのが困難。
  2. 担当人員の作業負荷の問題がある。


簡単にいうと、メール便が一日一回やってきて一日一回出す程度、ついでにPCとかもたまに来るかな、程度でやってる所なので、Amazonの配達受取とかになると大変かなと。
荷物来たよってメール出すのだが、当然ながら把握出来ないくらいの人数がいるからそういう会社取引での宅配がある訳なので、ヤマト以上に脆弱な体制なんだ。


ちなみに、書籍は東京地区でまとめて受発注している。


余談ながら、荷物の誤りチェック、なんてのも本来ある訳なので、他人の荷物を預かりたくはないんだよなあという所もあり。